DAY&NIGHT

2013/6/30 バロンと世界一周楽団レコ発ライブ@青山CAY
DAY&NIGHT
 


http://baronto.tumblr.com/
 
0

    ボードビルアゲインin 青山CAY

     バロンと世界一周楽団のブログを読んでくださってるみなさん、こんばんは。バロンです。今、高知でこのブログを書いています。先週、5月9日(水)、10日(木)2日間。バロンと世界一周楽団ワンマンライブ「ボードビルアゲイン」in 青山CAY満員御礼!!無事幕がおりました。

     初日は雨、2日目も午後の雷雨、そんな平日の夜にもかかわらず満員の2日間。まずそれだけで今胸が一杯です。ご来場ありがとうございました。

     THERE'S NO BUSINESS LIKE SHOW BUSINESS ショーより素敵な商売はないなんて映画がありました。ボードビルを始めるまでは本当かよ?と思っていましが、今ははっきりそう思います。やっぱりショーは最高。ステージに立つ側とお客さんがお互いの呼吸を感じ、会場が一体となるあの瞬間。
     エノケンもチャップリンもシナトラもキャブキャロウェイもサッチモもグレゴリーはインズもフレッドアステアも寅さんも僕は生で観たことがないです。
     これは本当に勝手な想像でしかないんですが、そのステージは同じ空間にいた人の心が自然に緩んで気づけば笑いながら涙。そんなステージをやっていたに違いないと思うんです。


     今回もいろいろやったな。
    2日間のショーで写真とってもらいました。難波ちゃんと相澤君ありがとう。
    その一部をどうぞ。思い出し笑いしながら観てください。


    CAYの入り口 



    バロンと世界一周楽団ワンマンライブ2デイズ 青山CAY。次の日はランキンタクシーさんだったんだね笑。







    DJミルキー




    楽屋


    アミイゴさんと作戦会議


    はじまり











    ジョーダン











    ブルース


    ウクレレレ


    熊ちゃん


    SAYA



    ちんどん








    LAZY BONES


    Swing&Ska


    八木橋さーん



    ペイパームーン


    歌えば心が踊りだす


    踊ればお酒もぬけていくー


    ストンプ!



    2日目DJ 君嶋麻里江 サンキュー


    アミイゴ!!!!!


    終わってたくさん乾杯しました。


    ボードビルアゲイン!!

     ご来場ありがとうございました。同じ空間にいた人も、来れなかった人もまたお会いしましょう。

     こんなご時世になんでわざわざボードビルなんてやってるんだろうと自分でも思います。歌と踊りのコメディー「ボードビル」。本当に古いスタイルです。でもただ古いことをやりたいだけでもないんです。なんだろう。自分が生きてきた過去と今に正直に向き合ったらこうなってるだけです。好きで好きでしょうがないんです。いいよねこれで。

    やればやれるぜ。と思います。

    僕らはまた創ります。ライブは瞬間がすべて、記憶に残ってもらえれば最高。

    一緒に夢みましょう。

    最後に、最初から最後まで協力をいただいたCAYさま、大形純平さん、アミイゴさん、葛生さん、堀さん、世界一周楽団、ほかご協力してくださったみなさん、みんなに心からありがとう。ハグハグ!

    みなさん

    次回のボードビルでお会いしましょう!!!

    まったねー。



    0

      「バロン 七つの大罪」(七つどころじゃねーよ!!!)

      もうこの際だから、ぶっちゃけ言ってしまおうと思う。

      バロンは「むちゃぶり」が多い。
      直前や当日に難題をぶつけてくるなんて日常茶飯事!

      今回の公演のタイトル「バロン 七つの大罪」が発表になったとき、
      七つどころじゃねーよ!!!と思った関係者は多いと思う!
      もうホントにめちゃくちゃなヤツです!

      だけども、私なりに考えた結果として
      「罪を憎んで人を憎まず」なのかなと思いました。

      罪を起こす人間にはそれなりの理由や覚悟があるわけだから、
      その罪を犯した人間を憎むのではなく、
      その罪…その人を犯行に及ぼした種や理由を憎みなさい

      という意味です。

      バロンが難題をぶつけてくる理由として
      最後まで最善を尽くすからだと思います。
      もっとおもしろくしたい!という欲があるからです。

      でも!
      公演終わったら体育館の裏に呼び出してやる!!!!!
      (ウェブ担当)

      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

      かめはめ波出しま〜す!

      帽子のBはバロンのBですか?

      ここが会議室! 

      もちろんここで成功祈願!

      賽銭は出世払いで!?

      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



      2回したまち演劇祭in台東
      「バロン 七つの大罪」


      歌えば心が踊りだす。踊ればお酒も抜けていく〜。」


      昨年の演劇祭に参加したバロンと世界一周楽団。


      今回はバロンのソロ舞台、音楽喜劇

      「バロン七つの大罪」を浅草見番(けんばん)で上演します。

      音楽から生まれる喜劇、喜劇から生まれる音楽、歌、マイム、

      コント、ダンス。

      人が人生で何らかの罪を犯す時、犯してしまう時、その心理状態はそれが意識的であっても無意識であっても、客観的に見ると全部、喜劇だ。わかっちゃいるけどやめられない。 業


      ザッツボードビル!


      老若男女楽しめる

          ボードビルフォーエバー。


       日程  9.  9(金)19:30− 9.10(土)14:00−/18:30− (昼/夜2ステージ) 9.11(日)14:00−/18:30− (昼/夜2ステージ)

       9.12(月)14:00−      

      (全6ステージ)


       場所:

           浅草見番

       東京都台東区浅草3‐33‐5

        

       出演:バロン|ジョーダン|田ノ岡三郎|宮坂洋生


       スタッフ:

        舞台監督 亘理千草

        照明   若井道代(ライティングユニオン)

        音響   高橋ヒロシ(雷サウンド)

        衣装   武田繭(着物製作)



       企画:バロンと世界一周楽団  料金:前売り・予約2,500円|当日3,000円(全席自由)

       ※区民割引:2,000円(枚数限定)

       メール予約 office_mube@yahoo.co.jp

       イープラス予約 (お近くのコンビニでお求めになれます)

       問合せ:世界一周楽団|Tel:090–5446–5711

      0

        「にじいろの花」青山CAY 2部

         
         休憩もそこそこに、第2部へ。

         大介の渋いベースソロから「チロチロリン」へ


         アミイゴさんが阿佐ヶ谷から高円寺を歩いて描いてくれたスケッチをバックに歌いました。アミイゴさんの息子さんが「チリチロリン」で踊るんだって。嬉しいな。

         「チロチロリン」バロンと世界一周楽団×小池アミイゴはこちら。笑えます。


         この後に出口かずみと世界一周楽団のスペシャル絵本コラボ「ガルミちゃんのひげ」をやりましたが、機械の調子が悪くてバタバタしたのと、写真のアサミちゃん自身がプロジェクターのスライドを操作してくれていたのでこの部分の写真がありません。あしからず。出口の絵本は傑作揃いです。「ぷっ」と笑いたい方は是非。

         出口かずみのサイトはこちらです。
         
         まゆこと大介のいい笑顔



         イラストレーターなのにPAやってくれたアミイゴさんも2部は落ち着いて笑顔。本当にお疲れさまでした。


         Busy Line (Baron&Jordon)


         八木橋恒治 ギターソロ(やさしさライセンス一級ギターリスト)
         
         夜明け

         いいピアノ弾いてくれたな。

         ドイツの宿


         何はなくとも

         みよちゃんのためなら

         やればやれるぜ


         2部の最後は小さな灯りのインストで終わりましたが、すぐにアンコールの拍手が。生音響く客席でブルームーンを歌いました。あれはいい空間だったな。時間よ止まれって思った。

         Banana

         みんないい顔。 


         ありがとうございました。


         2回もアンコールありがとうございました。完全燃焼。

         本当に幸せで、クレイジーで、やさしい時間でした。いい夢見てもらえたかな?僕は見ましたよ。ずって見てるし。これからも。あの夜は、自分が上って行くべき階段の一段目を確実にあがれたような気持ちでした。多分メンバーもそうだったと思う。どうしたって変わっていく人生なんだからいつも楽しく笑っていたい。悲しくたって笑顔でごまかしたい。これでまたいい音楽ができるならそれはそれで。まゆこ、大介ありがとう。

         続けることが一番大切。ずっと夢見よう。

         みんな I Love You. 


         2部セットリスト

         小さな灯り(ベース)

         チロチロリン (アミイゴスケッチ)

         ガルミちゃんのひげ(絵本) 

         Busy line 

         八木橋(ギターインスト)

         夜明け   

         ドイツの宿 

         何はなくとも 

         小さな灯り 


         (アンコール)

         ブルームーン

         Banana

         (2回目)

         夢を見るのさ

         Stomp Stomp


         八木橋恒治


         ジョーダン


         きくちまゆこ


         田名網大介


         小池アミイゴ+バロン


         また来週! なでしこJAPANおめでとう。


        0

          7/15「にじいろの花」青山CAY 1部


           いいライブをやると次の日が必ず寂しい。楽しければ楽しいほど、嵐が去った後の船に一人だけ残されてしまったような気がしてくる。寂しくなるのはわかっているのに、そうしないといられない自分もいるようだ。その繰り返しだ。

           最高のライブでした。とても大切で、思いもあって、時間をかけて作ったライブだったのでなおさらです。しばらく楽団がお休みするということもあって、お客さんがみんな目に焼き付ける様に観ていてくれたのがビリビリ伝わってきました。まずはお客様に感謝。満員御礼。本当にありがとうございました。

           アミイゴさんありがとう。そして、まゆこ、大介、お疲れさま。

           せっかくなので1部から順に写真でどんな様子だったかご紹介。写真ワタナベアサミ。

           ちょっとお待たせしてしまった開演前。CAYのこの雰囲気いいよね。店員さんも男前。


           楽屋にて準備。いい楽屋。



           ベース弾きの恋。


           ベリーダンスの振りを確認してた。


           アミイゴさんとワークショップで描いた絵がずらり。


           オープニング


           モボ(洒落男)


           かぶりつき


           サンバ (赤道一直線メドレー)

           ケチャ (赤道一直線メドレー)

           ベリーダンス (赤道一直線)

           最後のお願いって言って1週間前にお願いした無茶振りでしたが、さすが数々のダンサーと共演してるだけあってさすが。ばっちり。


           祭りのカップルと花火

           夏の思い出(赤道一直線)


           「手紙を書こう」ジョーダンが歌うといいんだこれ。


           かぶりつき

           
           あっという間の1時間。前半は大道芸でやったネタと普段のライブを組み合わせての構成でした。汗だく。2部へ続く。

          バロン


            1部セットリスト

           世界一周  (オープニング)

           小さな灯り(ピアノ)

           ウクレレパパさん 

           Shine

           モボ(洒落男)

           赤道一直線メドレー 

           小さな灯り(ギターインスト)

           マリオメドレー 

           チャンチキ音頭 

           手紙を書こう 

           12番街のラグ


           




          0

            文化祭の前の日

            いつものメンバーといつものスタッフ
            いつものバカ話といつもの笑い声
            そんな何気ない風景っていつまで続くんだろう
            なんてセンチメンタルに思っていた...
            のもつかの間!
            きくちまゆこと田名網大介が7/15のライブで最後になる事になり、
            あれよあれよという間にライブの前日ではないか!
            どうも〜ウェブ担当です。

            イラストレーター・DJの小池アミイゴさんのステキなイベントに
            お誘いいただいたわけですが、アミイゴさんが動画を撮ってくださいました!


            しかも!小池アミイゴさんのイラストとのコラボもあるんです!うひゃ!

            アミイゴさんが阿佐ヶ谷から高円寺を歩きながらスケッチしたうちの1枚。
            阿佐ヶ谷から高円寺な曲にのせてお届けします!


            というわけでリハやなんやらやっておりました。
            みんなでガリガリ君を食べたりもしました。
            ライブは何でもありで盛り沢山な感じになります!

            ライブとは全然関係ない事も練習したり...
            (バロンがいつも一人でやる帽子芸を2人でやったら、という実験)
            まゆこがバロンを突き飛ばしたらうまくいくんじゃないの、
            とまゆこの今までの怨念が密かに込もった感じで?突き飛ばされてました。

            今回が最後のライブのきくちまゆこ。とある新ネタ披露します!
            当日生ピアノでの演奏もありますが、まゆこの生ピアノ聴いたことない方、お楽しみに!

            これまた今回が最後のライブの田名網大介。
            ちなみにカセットコンロスでフジロックに出るそうです!

            ジョーダンの靴が上履き。
            中野ブロードウェイで600円ぐらいでご購入。

            いつも完璧にかっこいいギターを弾く八木橋恒治。
            ウクレレも披露しますが、ウクレレもいい感じなんですよ!

            バロンと帰り道にご飯を食べたときに「なんでも頼んで」と言われたが
            そもそも割り勘だし、家に財布忘れたというから払ったの私だし!

            今回のライブでイラストレーター・絵本作家の出口かずみさんも協力してくださってます。
            すいかバーと出口さん。

            出口さんといろいろ作ったりしてわくわくしながら
            なんか文化祭の準備してるみたいだね〜♪
            なんて話していました。

            そうか!
            手伝い始めて間もない頃、
            バロンと世界一周楽団はどんなバンドにしたいんですか?
            とバロンに聞いたことがあった。
            そのときはなんとなくしかわからなかったけど、
            今はわかるようになった気がする。

            「バロンと世界一周楽団は文化祭みたいなバンドにしたいんだよ」



            このOur songs『にじいろの花』第六夜で
            きくちまゆこ(pf.)と田名網大介(ba.)が最後になります。
            詳しくはこちらのブログの記事をご覧ください


            にじいろの花 第
            にじいろの花 バロンと世界一周楽団


            「アミイゴさん、東京ってどんな街?」て聴かれたら、
            「バロンくんがその辺で唄っている街だよ」て答えるんだ。
            この日は青山のCAYで唄ってるよー!


            今回真っ先に出演オファーをしたのがバロンくん。
            ともかく東京に知ってもらわなきゃ困る人!
            ウクレレ弾いて唄って踊って、タップも踏んで、
            パントマイムや軽演劇まで飛び出るボードビルショーは
            CAYの必然!

            イラストレーター&DJ・小池アミイゴ 


            出演:バロンと世界一周楽団
            OPEN:18:00 START:20:00
            CHARGE:2,000円(飲食のオーダーをお願いします)

            親子でのご来場もお待ちしています。
            キッズルームもご用意する予定です。
            未就学児:無料
            小中学生:¥1,000

            *予約・お問い合わせ*
            CAY
            東京都港区南青山5-6-23 スパイラルB1F
            03-3498-5790
            http://www.spiral.co.jp/f_guide/cay/

            *メールでのご予約*
            ●お名前(フルネーム) ●枚数 ●お電話番号 を明記の上、 
            sekai.ticket@gmail.com
            までお願い致します。

            企画/主催:小池アミイゴ×CAY

            0

              ウェブ担当のなんとな〜く写真館。6月14日、荻窪にて。





























              0

                Our songs 「にじいろの花」


                 またバロンです。

                 この世に生まれてきてから色んな人に出会い、別れ、また出会いそんな繰り返しで今の自分がいます。特にこの10年、芸人になるために出てきた東京で出会った人たちは僕にとってかけがえのない財産です。僕は人が好きです。本当に好きです。いい人も悪い人も、ダメな人も、頑張っている人も、悩んでいる人も、ずるい人も、同性愛者もオカマの人も、変態ぽい人も、失敗する人も、死んじゃった友達も、ホームレスのおじさんも、近所のおばちゃんや子どももみんな好きです。みんな面白いから好きです。それぞれ色んな側面を持ちながらも、生きてる一瞬一瞬がすごいアートだと思うのです。

                 東京に来たばかりの頃に、新宿で飲み過ぎて、気付いたら朝のゴミ置き場で寝ていて、通勤中の人々が波のように目の前を歩いていく中、ぼーっとしていたら、一人ホームレスのおじさんがその人々の流れとはまったく違うスピードで、ゆっくりと、まるで時計が止まったように歩いていました。「うゎぁ」と思いました。その風景は僕にとってはすごいアートでした。あの時の風景と自分の最悪な状況が今でも忘れられません。

                 とりあえず、そんな人たちのおかげで僕は作品が作れるし、歌が歌えるし、舞台にもたっていられます。そしてそんな人たちは、時折、自分はただ一人のどうしようもない人間だということにも気付かせてくれます。感謝しなければ。

                 
                 来月7月15日、バロンと世界一周楽団はとっても素敵な場所でワンマンライブをやります。青山CAYです。イラストレーターの小池アミイゴさんとCAYの6日間の共同企画「にじいろの花」の最終日、15日の金曜日に僕らのライブをやらせていただくことになりました。

                アミイゴさんのメッセージをここでちょっと紹介。

                「ボクは2011年3月11日以降の日本で生活しています。

                目の前のこと1つヒトツが初めてのことのように感じる今。
                ならば、今ある場所にボクらの望む花の種を蒔き、
                手をかけ育て、花を咲かせてゆけばいいんだと。

                それが「にじいろの花」のようであるよう、
                青山のCAYの6日間に立ち合ってくれるみんなと、
                ボクたちの美しいLIVEを創って行こうと思います。」

                小池アミイゴ


                 アミイゴさんのイラストのサイトはこちら。とっても素敵なイベントです。呼んでいただけて本当に嬉しいです。

                 
                 
                 この特別なライブに合わせて、もう一つ大事なお知らせがあります。

                 バロンと世界一周楽団の鍵盤の「きくちまゆこ」と、ベースの「田名網大介」がこのライブを最後に楽団を辞めることになりました。今まで、まゆこや大介のファンだったみなさんには本当に残念なお知らせんになってしまいましたが、これはみんなでちゃんと話し合って決めたことです。方向性の違いや、それぞれの活動に専念したい気持ちや、僕のわがままにいつまでもつき合っていられない等、理由は様々でシンプルには言えませんが、全部話し合って決めました。バンドは人そのものです。僕のこれからに必要なものを考えさせてくれるいい機会になったなと思っています。


                 きくちまゆことは長〜いつきあいで、一緒に作ってきた世界一周楽団なので、これからまゆこがいない世界一周楽団はまた違うものになるだろうなと思います。まゆことは今後も別のライブや舞台で一緒になったり、仕事をすることもあると思いますが、世界一周楽団として一緒にライブをするのはこの「にじいろの花」が最後になります。ありがとうという言葉だけでは言い表せない何か複雑な思いで一杯であります。ピアノの席はとりあえず空けとこうかなと。

                 世界一周楽団の活動は今後もちろん続きますが、今のメンバーでのライブはこの「にじいろの花」が最後というわけです。世界一周楽団の活動は新しいメンバーが決まるまですこーしお休みします。

                 
                 7月15日をいいライブにしたい。今はそれだけを考えています。是非おこしください。CAYでお待ちしております。お楽しみに。



                  2011年7月15日(金)
                『にじいろの花』第六夜 at 青山・CAY


                 

                「アミイゴさん、東京ってどんな街?」て聴かれたら、
                「バロンくんがその辺で唄っている街だよ」て答えるんだ。
                この日は青山のCAYで唄ってるよー!

                今回真っ先に出演オファーをしたのがバロンくん。
                ともかく東京に知ってもらわなきゃ困る人!
                ウクレレ弾いて唄って踊って、タップも踏んで、
                パントマイムや軽演劇まで飛び出るボードビルショーは、CAYの必然!

                イラストレーター&DJ・小池アミイゴ 

                 


                出演:バロンと世界一周楽団
                OPEN:18:00 START:20:00
                CHARGE:2,000円(飲食のオーダーをお願いします)

                予約・お問い合わせ:CAY
                東京都港区南青山5-6-23 スパイラルB1F
                03-3498-5790

                企画/主催:小池アミイゴ×CAY




                OurSongs「にじいろの花」
                7・10sun~15fri
                青山 CAY

                「にじいろ ワークショップ」
                小池アミイゴの誰でも絵が描けるワークショップ他
                7/10(日) 13:00~16:00 参加費1000円

                「にじいろ LIVE」 参加費2000円
                第一夜 : 花*花、baby tears
                7/10(日) 17:00~

                第二夜:port of notes、 acoustic dub messengers
                7/11 (月) 18:00~

                第三夜:曽我部恵一 、とんちピクルス
                7/12 (火) 18:00~

                第四夜:WATER WATER CAMEL、PoPoyans
                7/13 (水) 18:00~

                第五夜:omu-tone
                7/14 (木) 18:00~

                第六夜:バロンと世界一周楽団
                7/15 (金) 18:00~

                予約/問合せ:CAY
                   03-3498-5790

                企画/主催:小池アミイゴ×CAY

                0

                  夕やけハミングショー

                   
                   どうも、久々に世界一周楽団のブログを書くバロンです。5/21「夕やけハミングショー」にお越しいただいた皆様ありがとうございました。

                   
                   本番前。開場は満員。
                   

                   
                   テーマソング「夕やけラプソディー」熱唱中。寒空はだかさん左、アンクル佐瀬さん(およげたいやきくん・作曲者)右と、ちくわぶEmmaちゃん。

                   僕が書いた「夕やけラプソディー」の詩に、佐瀬さんが曲をつけてくださいました。こんな経験もちろんないのでとても勉強になりました。いい歌はやっぱりいいんだなと思いました。パタパタママ、ホネホネロック、いっぽんでもニンジンも全部いい歌。だからみんないつまでも口ずさんでしまう。

                   
                   バロンと世界一周楽団「世界一周メドレー」。前回よりパワーアップしたかも。

                   
                   歌って踊って、大人も子どもも大はしゃぎ。暑かったなー。みんな大汗。

                   
                   チラシのデザインもしてくれた出口かずみがこんな素敵な帽子を作ってくれました。大感謝。巣をイメージした帽子は15個。すべて違うキャラクターが上に載っているんです。こんな素晴らしいものを作っちゃったからまた「夕やけハミングショー」やるしかない。

                   内容もゲストも本当に豪華盛りだくさんで、作るのは大変でしたが、最後は大人も子どもも一緒に歌って踊れるナイスショーになったかなと喜んでいます。高田文夫さんはもちろん、途中で林家ぺーさんが登場したのにはびっくりしました。ペーさんに楽屋でばっちり写真撮られました。

                   ハミングショーが終わって、ホッとしていた矢先に梅雨入り。気が抜けている時に急に寒くなったせいか、一気に風邪をひいてしまいました。喉が痛い。みなさんも気をつけください。それではまた来週〜

                  0

                    多摩蘭坂

                    その坂は意外にも緩やかだった。

                    きくちまゆこは国立が好きらしい。
                    彼女のことをもっと知りたくて
                    彼女の好きな国立で逢うことになった。

                    せっかく国立に行くのであるから
                    実はまだ行ったことがなかった「たまらん坂」に
                    ちょっと足を伸ばしてみることにした。



                    たまらん坂は忌野清志郎さんが「多摩蘭坂」と当て字をつけて
                    歌を歌った事により、ファンの人の聖地となっている。

                    正式にはひらがなで「たまらん坂」と書くそうだが、
                    この曲の影響なのか「多摩蘭坂」がバス停の名前になっている。

                    実際に清志郎さんはブレイク前ぐらいに
                    すぐそこのアパートに住んでいたそうだ。

                    ちなみに、清志郎さんときくちまゆこは
                    誕生日が同じという共通点があったりする。

                    母が大好きで、清志郎さんの歌を聴いて育った私は
                    清志郎さんのライブから帰ってきた母が興奮気味に

                    「清志郎がライブ中に握手してくれた!!」
                    と話す横で父が
                    「おばちゃんが変な縦ノリで踊ってるから
                    かわいそうだと思って清志郎は握手してやったんだべ〜」
                    と言っていたのを思い出しながら坂を登っていた。



                    たまらん坂で多摩蘭坂を歌う清志郎さん


                    「坂の途中で立ち止まっているのは君だけじゃないよ」

                    今はもう撤去されてしまったようだが、
                    訪れるファンが石垣の石に書いたメッセージの一つに
                    そう書いてあったらしい。

                    きっと多くの人が坂の途中で立ち止まり、
                    そしてその日は私が坂の途中で立ち止まっていた。

                    多分70年代に書いて、87年に出版された
                    「十年ゴム消し」という清志郎さんの本がある。

                    その時期の清志郎さんが感じていた事が
                    詩や日記などを通じて感じ取ることができる。
                    その本の最後はこう締め括られている。

                    しかしあの頃はほんとに、ヒマだったんだな。
                    こんなにたくさん字を書くなんて、
                    ほんとうにやる事が無かったんだと思うよ。
                    でも、それも今じゃみんなチョー消しさ。
                    十年や二十年なんて、ゴム消しさ。

                    十年後、もしくは二十年後の時点で
                    今を振り返えってみたとき、
                    私たちは何を思っているのだろう。
                    そのときはまた、
                    たまらん坂に足を運んでみることにしよう。

                    ----------------------

                    なんだが清志郎さんの話ばかりになってしまったが、
                    そのあと私はきくちまゆこと長時間話をした。

                    話した内容は内緒だけど、
                    今年に入ってからぐらいからか、
                    きくちまゆこが輝き始めていると私は思っている。

                    そして勝手に今年は「きくちまゆこの年」ということにしている。
                    勝手というか、本当に彼女にとって大きな節目になる年ではないかと思う。

                    ----------------------

                    国立の「Harbor Light」というジャズバーで
                    きくちまゆこのピアノが聴ける。



                    きくちまゆこはみなさんにはどう映っているのだろう。

                    正直、未だに私はきくちまゆこが掴めないでいる。
                    掴めないのでなく、一言では言い表せない性格なのかな?
                    それともいろんな表情を見せるまゆこに騙されているだけなのか。

                    1つわかったつもりでいるのは、
                    すごく(いい意味で)ナイーブで、
                    すごく感受性が高いと思わせるような事を言ったり、
                    そういう演奏をしている事がある。
                    特にソロの演奏を聴いているとそう思う、勝手に。

                    まゆこがHarbor Lightでピアノを弾いているのは
                    基本的に木曜日だそうだが、
                    ほかでライブをするときなどはない事もあるらしい。
                    スケジュールは下記のリンクからチェックできる。
                    http://harborlight.blog95.fc2.com/



                    ほかにも最近はモミーさんという方とやっている。
                    音楽的な表現が乏しい私が説明するのは大変恐縮なのだが、
                    まゆことのユニットでは、歌を歌ったり
                    ファンク的なスキャット(と言えばいいのだろうか・汗)をしたりしている。
                    モミーさんはすごくかっこいい。
                    なんだけど、かっこよすぎて、なぜか笑いが込みあげてしまう(!)
                    私の下手な表現では伝わるわけないので、ぜひ観に行ってみてほしい。

                    2011年5月17日(火)
                    @二子玉川 LIALEH(ライラ)
                    ◆19:00 open/20:00 start
                    ◆table charge¥1000+投げ銭
                    ◆出演:モミー(vo.& human beat vox)/きくちまゆこ(pf.)

                    《LIALEH ライラ》
                    TEL : 03-5491-1951
                    B1,3-9-1,1,Tamag awa,
                    Setag aya-ku,Tokyo. zip 158-0094
                    二子玉川駅西口より徒歩2分
                    http://lialeh.net/


                    ----------------------

                    それと、唄う空間造形屋・あやちクローデルさん
                    お座敷シャンソンショウという浅草で毎月あやちさんが
                    やっておられるライブに今月まゆこが出る。
                    最初私はあやちさんを拝見したとき、
                    唄う空間造形屋」と言っているのを知らなかったが、
                    まさにその通りの事を感じた。
                    去年の様子がYoutubeに載っているので参考までに。





                    2011年5月29日(日)
                    「あやちクローデルときくちまゆこのお座敷シャンソンショウ!」
                    @浅草 鈴楼
                    【時間】open 20:00 start 20:30
                    【料金】2000円
                    【出演】あやちクローデル with 鍵盤とおもちゃ楽器:きくちまゆこ
                    【場所】浅草 鈴楼 東京都台東区浅草1-18-9-2F Tel:03-5828-6238

                    ----------------------


                    バロンと世界一周楽団のメンバーは
                    世界一周楽団のほかにもいろんな活動をしているし、
                    世界一周楽団では見られない彼らがいる。

                    もし気になるメンバーがいたら、それぞれのライブにも行ってみてほしい。
                    なのでメンバーそれぞれのリンクを貼ってみたりする。

                    バロン、Baron & Jordon

                    きくちまゆこ

                    八木橋恒治(Gentle Forest Jazz Bandなど)

                    田名網大介(カセットコンロス)

                    熊谷太輔(METROFARCEなどなど)

                    ----------------------

                    今日もたまらん坂では
                    坂の途中で立ち止まっている人がいるかもしれない。

                    たまらん坂は何の変哲もないありふれた坂だ。
                    しかもわりと緩やかな坂だ。
                    だけどその人の置かれている状況により
                    たまらない坂になるのかもしれない。



                    (担当はウェブ担当でした〜)
                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      PR