僕らのライブ日記と8/17

ここ最近の僕ら。

 

山梨昌福寺 sauce&shoyu リリースライブ。

たくさんのご来場ありがとうございました。山梨といえばいつもこの場所で歌ってきました。お寺の岩間ファミリーいつもありがとう。9/10(日)にはここ数年の僕らと昌福寺の集大成とも言えるビッグイベントが待っています。

 

 

これは見なきゃ損。バロンと世界一周楽団のホールで行われる特別興行「ボードビルアゲイン」。また詳しくこちらのブログに書きます。

予約、問い合わせはこちらへ。 http://www.aroundtheworldorchestra.com/schedule.html

 

 

7/2栃木県の黒磯駅前で行われた夜市。すごい盛り上がったね。バロン、宮坂、八木橋のトリオでした。みなさんありがとう。

 

 

7/7 JFMのラジオ番組、東京FM simple style「オヒルノオト」に出演しました。パーソナリティーのリアド慈英蘭さんが僕らの3rdアルバムを全曲聴きこんでくれていたのが嬉しかったな。生演奏は新曲のAloof。

 

7/9は渋谷タワーレコードでインストアライブ。

立ち見でたくさんご来場ありがとうございました。

30分という時間でこの日選んだ曲は新曲から、

 

the house

my sister is a burlesque dancer

woo woo woo

obligado

ソースと醤油

 

Aloof(アンコール)

 

みんな身体揺らしてたね。サンキュー

 

 

 

7/11「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」TOKYO FMにバロンがゲスト出演しました。!8/5 28:30〜29:00に放送されて、8/13までradikoで聴けますよ。パーソナリティーは田中美登里さん。この番組を通して世界中の音楽をボーダレスに紹介し続けていらっしゃいます。ボードビルの話に花が咲きました。

 

 

8/5 へいへい、深谷へ行ってきたよー。

やまだ家さんありがとう。ご飯もお出迎えも嬉しかったです。今回のライブのきっかけとなったのは3月にライブをした熊谷の金子家具店さんと入間のカフェTangoさん。人の繋がりと個人店のパワーに改めて感動したよ。お酒は二兎三兎さんありがとう。もやしは飯塚商店さん。ご近所も遠くからも埼玉の皆さんありがとう。

 

 

ライブ後は飯塚商店さんのもやしのつかみ取り。めっちゃ美味しい。生でも食べれる。

バロンと世界一周楽団ライブ大成功でした。絶対、またやるね。

 

 

8/6 二日間のプチツアー最後は諏訪のBlue Line Garage Cafeにて。

素晴らしい時間、愛あるスタッフの皆さん、待っててくれた長野のお客さん。開演前にゲリラ豪雨が降ってきて、ガレージに響く大音量の雨音。僕(バロン)は逆にテンション上がりました。洒落男よかったな。超満員御礼の熱いライブ。最後はオールスタンディングでダンスタイム。それはクーラーあってもなくても変わらないホットさ。本当に楽しかった。長野も毎年行っているのでこのままどんどん場所もお客さんの輪も広げていきたい。待っててね。11/23は松本へ行きます。

 

 

とてもいいライブが続いています。

この調子でこのまま8/17の下北ワンマンライブもどっかーんといきたいな。

まだまだ、予約できます。6/4のリリースパーティーから更に新曲にもグルーヴができてきました。ライブ内容も新旧織り交ぜた充実っぷり。今、観てほしいな。時間ある方、今知った方、忘れてた方。

ぜひ、8/17は下北沢440へ。お待ちしております。

 

日時:8月17日(木)
18:30開場/19:30開演

場所:下北沢440


東京都世田谷区 代沢5丁目29−15 SYビル1F
電話:03-3422-9440

料金:2800円/当日3300円+オーダー
予約:sekai.ticket@gmail.com
題名に8/17ライブ、本文にお名前、人数、連絡先を明記の上ご予約くださいませ。

 

http://440.tokyo/events/バロンと世界一周楽団-3rdアルバム「ソースと醤油/

 

blue line garage cafe

 

 

 

 

 

 

 

0

    ボードビルアゲインin 青山CAY

     バロンと世界一周楽団のブログを読んでくださってるみなさん、こんばんは。バロンです。今、高知でこのブログを書いています。先週、5月9日(水)、10日(木)2日間。バロンと世界一周楽団ワンマンライブ「ボードビルアゲイン」in 青山CAY満員御礼!!無事幕がおりました。

     初日は雨、2日目も午後の雷雨、そんな平日の夜にもかかわらず満員の2日間。まずそれだけで今胸が一杯です。ご来場ありがとうございました。

     THERE'S NO BUSINESS LIKE SHOW BUSINESS ショーより素敵な商売はないなんて映画がありました。ボードビルを始めるまでは本当かよ?と思っていましが、今ははっきりそう思います。やっぱりショーは最高。ステージに立つ側とお客さんがお互いの呼吸を感じ、会場が一体となるあの瞬間。
     エノケンもチャップリンもシナトラもキャブキャロウェイもサッチモもグレゴリーはインズもフレッドアステアも寅さんも僕は生で観たことがないです。
     これは本当に勝手な想像でしかないんですが、そのステージは同じ空間にいた人の心が自然に緩んで気づけば笑いながら涙。そんなステージをやっていたに違いないと思うんです。


     今回もいろいろやったな。
    2日間のショーで写真とってもらいました。難波ちゃんと相澤君ありがとう。
    その一部をどうぞ。思い出し笑いしながら観てください。


    CAYの入り口 



    バロンと世界一周楽団ワンマンライブ2デイズ 青山CAY。次の日はランキンタクシーさんだったんだね笑。







    DJミルキー




    楽屋


    アミイゴさんと作戦会議


    はじまり











    ジョーダン











    ブルース


    ウクレレレ


    熊ちゃん


    SAYA



    ちんどん








    LAZY BONES


    Swing&Ska


    八木橋さーん



    ペイパームーン


    歌えば心が踊りだす


    踊ればお酒もぬけていくー


    ストンプ!



    2日目DJ 君嶋麻里江 サンキュー


    アミイゴ!!!!!


    終わってたくさん乾杯しました。


    ボードビルアゲイン!!

     ご来場ありがとうございました。同じ空間にいた人も、来れなかった人もまたお会いしましょう。

     こんなご時世になんでわざわざボードビルなんてやってるんだろうと自分でも思います。歌と踊りのコメディー「ボードビル」。本当に古いスタイルです。でもただ古いことをやりたいだけでもないんです。なんだろう。自分が生きてきた過去と今に正直に向き合ったらこうなってるだけです。好きで好きでしょうがないんです。いいよねこれで。

    やればやれるぜ。と思います。

    僕らはまた創ります。ライブは瞬間がすべて、記憶に残ってもらえれば最高。

    一緒に夢みましょう。

    最後に、最初から最後まで協力をいただいたCAYさま、大形純平さん、アミイゴさん、葛生さん、堀さん、世界一周楽団、ほかご協力してくださったみなさん、みんなに心からありがとう。ハグハグ!

    みなさん

    次回のボードビルでお会いしましょう!!!

    まったねー。



    0

      「にじいろの花」青山CAY 2部

       
       休憩もそこそこに、第2部へ。

       大介の渋いベースソロから「チロチロリン」へ


       アミイゴさんが阿佐ヶ谷から高円寺を歩いて描いてくれたスケッチをバックに歌いました。アミイゴさんの息子さんが「チリチロリン」で踊るんだって。嬉しいな。

       「チロチロリン」バロンと世界一周楽団×小池アミイゴはこちら。笑えます。


       この後に出口かずみと世界一周楽団のスペシャル絵本コラボ「ガルミちゃんのひげ」をやりましたが、機械の調子が悪くてバタバタしたのと、写真のアサミちゃん自身がプロジェクターのスライドを操作してくれていたのでこの部分の写真がありません。あしからず。出口の絵本は傑作揃いです。「ぷっ」と笑いたい方は是非。

       出口かずみのサイトはこちらです。
       
       まゆこと大介のいい笑顔



       イラストレーターなのにPAやってくれたアミイゴさんも2部は落ち着いて笑顔。本当にお疲れさまでした。


       Busy Line (Baron&Jordon)


       八木橋恒治 ギターソロ(やさしさライセンス一級ギターリスト)
       
       夜明け

       いいピアノ弾いてくれたな。

       ドイツの宿


       何はなくとも

       みよちゃんのためなら

       やればやれるぜ


       2部の最後は小さな灯りのインストで終わりましたが、すぐにアンコールの拍手が。生音響く客席でブルームーンを歌いました。あれはいい空間だったな。時間よ止まれって思った。

       Banana

       みんないい顔。 


       ありがとうございました。


       2回もアンコールありがとうございました。完全燃焼。

       本当に幸せで、クレイジーで、やさしい時間でした。いい夢見てもらえたかな?僕は見ましたよ。ずって見てるし。これからも。あの夜は、自分が上って行くべき階段の一段目を確実にあがれたような気持ちでした。多分メンバーもそうだったと思う。どうしたって変わっていく人生なんだからいつも楽しく笑っていたい。悲しくたって笑顔でごまかしたい。これでまたいい音楽ができるならそれはそれで。まゆこ、大介ありがとう。

       続けることが一番大切。ずっと夢見よう。

       みんな I Love You. 


       2部セットリスト

       小さな灯り(ベース)

       チロチロリン (アミイゴスケッチ)

       ガルミちゃんのひげ(絵本) 

       Busy line 

       八木橋(ギターインスト)

       夜明け   

       ドイツの宿 

       何はなくとも 

       小さな灯り 


       (アンコール)

       ブルームーン

       Banana

       (2回目)

       夢を見るのさ

       Stomp Stomp


       八木橋恒治


       ジョーダン


       きくちまゆこ


       田名網大介


       小池アミイゴ+バロン


       また来週! なでしこJAPANおめでとう。


      0

        7/15「にじいろの花」青山CAY 1部


         いいライブをやると次の日が必ず寂しい。楽しければ楽しいほど、嵐が去った後の船に一人だけ残されてしまったような気がしてくる。寂しくなるのはわかっているのに、そうしないといられない自分もいるようだ。その繰り返しだ。

         最高のライブでした。とても大切で、思いもあって、時間をかけて作ったライブだったのでなおさらです。しばらく楽団がお休みするということもあって、お客さんがみんな目に焼き付ける様に観ていてくれたのがビリビリ伝わってきました。まずはお客様に感謝。満員御礼。本当にありがとうございました。

         アミイゴさんありがとう。そして、まゆこ、大介、お疲れさま。

         せっかくなので1部から順に写真でどんな様子だったかご紹介。写真ワタナベアサミ。

         ちょっとお待たせしてしまった開演前。CAYのこの雰囲気いいよね。店員さんも男前。


         楽屋にて準備。いい楽屋。



         ベース弾きの恋。


         ベリーダンスの振りを確認してた。


         アミイゴさんとワークショップで描いた絵がずらり。


         オープニング


         モボ(洒落男)


         かぶりつき


         サンバ (赤道一直線メドレー)

         ケチャ (赤道一直線メドレー)

         ベリーダンス (赤道一直線)

         最後のお願いって言って1週間前にお願いした無茶振りでしたが、さすが数々のダンサーと共演してるだけあってさすが。ばっちり。


         祭りのカップルと花火

         夏の思い出(赤道一直線)


         「手紙を書こう」ジョーダンが歌うといいんだこれ。


         かぶりつき

         
         あっという間の1時間。前半は大道芸でやったネタと普段のライブを組み合わせての構成でした。汗だく。2部へ続く。

        バロン


          1部セットリスト

         世界一周  (オープニング)

         小さな灯り(ピアノ)

         ウクレレパパさん 

         Shine

         モボ(洒落男)

         赤道一直線メドレー 

         小さな灯り(ギターインスト)

         マリオメドレー 

         チャンチキ音頭 

         手紙を書こう 

         12番街のラグ


         




        0

          夕やけハミングショー

           
           どうも、久々に世界一周楽団のブログを書くバロンです。5/21「夕やけハミングショー」にお越しいただいた皆様ありがとうございました。

           
           本番前。開場は満員。
           

           
           テーマソング「夕やけラプソディー」熱唱中。寒空はだかさん左、アンクル佐瀬さん(およげたいやきくん・作曲者)右と、ちくわぶEmmaちゃん。

           僕が書いた「夕やけラプソディー」の詩に、佐瀬さんが曲をつけてくださいました。こんな経験もちろんないのでとても勉強になりました。いい歌はやっぱりいいんだなと思いました。パタパタママ、ホネホネロック、いっぽんでもニンジンも全部いい歌。だからみんないつまでも口ずさんでしまう。

           
           バロンと世界一周楽団「世界一周メドレー」。前回よりパワーアップしたかも。

           
           歌って踊って、大人も子どもも大はしゃぎ。暑かったなー。みんな大汗。

           
           チラシのデザインもしてくれた出口かずみがこんな素敵な帽子を作ってくれました。大感謝。巣をイメージした帽子は15個。すべて違うキャラクターが上に載っているんです。こんな素晴らしいものを作っちゃったからまた「夕やけハミングショー」やるしかない。

           内容もゲストも本当に豪華盛りだくさんで、作るのは大変でしたが、最後は大人も子どもも一緒に歌って踊れるナイスショーになったかなと喜んでいます。高田文夫さんはもちろん、途中で林家ぺーさんが登場したのにはびっくりしました。ペーさんに楽屋でばっちり写真撮られました。

           ハミングショーが終わって、ホッとしていた矢先に梅雨入り。気が抜けている時に急に寒くなったせいか、一気に風邪をひいてしまいました。喉が痛い。みなさんも気をつけください。それではまた来週〜

          0

            たわ〜たわ〜♪

             2011年明けてた!おめでとーございます!


            高円寺で、初詣したぜぃ!


            ガイジンさん、甘酒飲みながら厄年ちぇっく中〜!


            「農業をすると吉、、、」え?

            みなさまはどんなお正月を過ごされたでしょうか???

            -------------------------------------------------------------------------------

            さてさて、バロンと世界一周楽団、2011年ライブ初めは
            寒空はだかさんと遠峰あこさんとともに吉祥寺MANDA-LA2で
            「新春ニコニコ大会」でございましたー!

            ジョーダンは正月休みで欠席(のんきだなー)で、
            熊谷太輔が参加でございました。







            ししおどしのパントマイム、かるた、そして出口かずみ作のジョーダン福笑などなど
            小ネタ盛り沢山でお送りしました。当日わざわざ音楽スタジオを予約してリハしたものの、
            その半分を小ネタの練習にあてるバロンと世界一周楽団.....(笑)

            そしてそして!なんと最後は全国民の鼻歌ソング「東京タワーの歌」(はだかさんの曲)を
            はだかさん、あこさん、岡大介さん(飛び入り)と一緒にやらせていただきました!
            チャンチキドラムがやたらと合ってた!


            ライブ終了後、ジョーダン福笑で遊ぶまゆこ。


            【まゆこver. 】かわいー!


            【熊谷ver. 】ネズミのあいつ風。

            はだかさん、あこさん、MANDA-LA2のみなさま、
            そしてご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!
            楽しい夜でしたねー!

            はだかさん、あこさん、バロンは打ち上げをしに
            中華街(横浜じゃないヨ!)の方へ消えていったのでした......

            そんなわけで、2011年もよろしくお願い致します!
            あんな事やこんな事を計画中!今はチョメチョメとしか言えません!

            (今年はもっとメンバーにブログ書いてもらうんだからー!ウェブ担当)
            0

              ゆく年くる年

              遅くなりましたが、12/23のクリスマスイブイブライブの写真をちょこっと













              2010年、バロンと世界一周楽団いろいろありました。
              CD2枚出して(Baron & Jordonも入れたら3枚!)、
              東洋館での「ボードビルアゲイン」、
              プーク人形劇場での「うわごとオオカミ」、
              サポートでパーカッションの熊谷太輔が加わり、
              自慢したいけど残念ながら情報解禁できない事や
              メンバーの誰かさんがおめでとう!だったり。

              新年を迎えようとしている今、不安なのは、
              バロンがお客様に年賀状を出すと言っていたが
              本当に書いているのだろうか.....
              ふ、不安.....

              .....そんなこんなでゆく年くる年、  
              本当に多くの方々に支えられた一年でした!
              感謝してもしきれな〜い!
              来年もどうぞよろしくお願いします〜!





              担当はウェブ担当でした!

              0

                インド、吉祥寺、高円寺にヨフカシボーイズに王様に。

                ジョーダンがインドに瞑想しに行って、3週間ぐらいでしょうか。
                別人になって帰ってくるんじゃないか、という人もいますが、
                この間ちょっとだけチャットしたら、相変わらずのジョーダンでした。
                日本を立つときに、インド人にあげると言って
                カレー味のお菓子を買い込んでいたらしいです(笑)。

                ジョーダンがいない間もバロンと世界一周楽団でライブしてました。

                井の頭自然文化園でのボードビルショー。

                メンバーが演奏しながら退場するのにちっちゃいコたちが付いてきてかわいかった。

                高円寺フェスにて。

                雨でも鍵盤ハーモニカを演奏する器用なきくちまゆこ。

                このライブは当初、バロンなかざわのソロの予定でしたが、
                井の頭自然文化園の控え室で、1人では寂しかったのか、バロンがメンバーに
                「高円寺来る?」としきりに誘っていまして(笑)高円寺フェスでも急遽演奏したのです。
                雨の中、家族で待っていてくださったお客様、吉祥寺から追っかけてきてくださった方々、
                ありがとうございました!(涙)

                さて。

                11/26(金)の渋谷O-nestでの「小田晃生とヨフカシボーイズと王と男爵のヨイのクチ」で
                ジョーダンが久々に戻ってきます。田名網大介がお休みをいただきまして、
                (彼自体は休みなのではなく、これです。)サポートの熊谷太輔が出演します。
                ご了承くださいませ。

                知ってるよって方も多いと思いますが、わくわくな出演者の皆様を紹介しちゃう!
                ここから動画ラッシュです!すみませ〜ん!

                今回企画をなさってる小田晃生さんですが、こんな方。



                和みますね。
                今は活動を休止しているコケストラでもご活躍なさっていました。



                小田さんのCDやDVD、ぜひチェックしてみて!
                そして今年7月にはお父さんになったそうで。おめでとうございます!

                「小田晃生とヨフカシボーイズ」は今年6月のライブが好評でまたやる事になったそう。
                ヨフカシボーイズは
                野村卓史(グッドラックヘイワ
                田中馨(SAKEROCKショピン
                伊藤大地(SAKEROCKグッドラックヘイワ・・・etc)


                田中馨さんと伊藤大地さんがやっているSAKEROCKさん。


                田中馨さんがやっているショピンさん。

                ちなみに田中馨さんは新宿ゴールデン街のソワレで
                木曜日はママをやっておられる。

                グッドラックヘイワさん。(最近、活動休止を発表、、、)


                王様さん。はい、あの日本語直訳ロックの王様です。


                王様
                1995年、CD『深紫伝説』で衝撃デビュー!同年レコード大賞・企画賞 受賞。その後も、「日本語直訳ロック」という独自のジャンルを突き進む、日本ロック界唯一無二の存在。60〜70年代ロックを後世に伝えるべく、ギターとユーモアのテクニックを駆使し、CD制作やライブ活動を中心に活躍中。
                2008年6月には、青春時代に回帰し日本語直訳ハードロック名曲集CD『鋼鉄伝説・金の巻』発表。しかし、特典として付けたDVDの映像使用の許可が下りず、発売3週間後に商品回収・CD生産中止命令を受け、あえなく廃盤に。7月には初のオリジナル曲集CD『くりそつ伝説』、趣味のDVD『銭湯伝説』と、怒涛のリリース・ラッシュで新作CD廃盤の悲しみを乗り越える。
                そして、2009年2月、特典DVDを取り除いた形で『鋼鉄伝説・金の巻』 の再発盤CD『帰って来た鋼鉄伝説・金の巻』を発表。 迎えた2010年は、「王様CDデビュー・15周年」、年齢も50歳という節目の1年であり、6月4日には新作ミニアルバムCD『王様のハードロック講座Vol.1』を発表。2009年以上に全国各地でライブ活動を展開予定。


                ぐふふ!楽しそうでしょ!
                小田さん、こんなに楽しそうなライブに誘っていただいてありがとうございま〜す!
                ではみなさま、O-nestでお会いしましょう〜!
                (ウェブ担当)

                ----------------------------------------------------------------------

                 2010年11月26日(金)

                小田晃生企画。ふたたびのヨフカシ。
                『小田晃生とヨフカシボーイズと王と男爵のヨイのクチ』

                場所:東京・渋谷 O-nest
                時間:Open 17:30/Start 18:30
                料金:予約 2,500/当日 3,000 ※小学生以下無料

                出演:
                ●小田晃生とヨフカシボーイズ
                 【演奏メンバー】
                 小田晃生
                 野村卓史(グッドラックヘイワ
                 田中馨(SAKEROCKショピン
                 伊藤大地(SAKEROCKグッドラックヘイワ・・・etc)

                王様
                ●バロンと世界一周楽団

                出店:
                ダーダ食堂

                《ご予約&お問い合わせ》
                小田晃生さんホームページにて予約受付中
                <contact>よりメールにて。
                件名を「11月26日予約」
                本文に「お名前」「フリガナ」
                「希望予約数」
                を記載の上でご送信お願いします。
                また、小学生以下のお子様がいらっしゃる場合はお知らせください。

                0

                  喫茶で待ちあわせ

                  犬と蓄音機の日本ビクターのマーク
                  「His Master's Voice」
                  由来があるなんて考えてもみたことがなかった。




                  阿佐ヶ谷の狭い路地に飲食店が立ち並ぶ「スターロード」の奥の方、
                  住宅が多くなってくるあたりに名曲喫茶ヴィオロンがひっそりある。

                  8月13日
                  夏の暑さが真っ盛りの日
                  またここにやってきた。

                  ヴィオロンで行われているバロンと世界一周楽団の
                  「喫茶で待ちあわせ」という小さな演奏会の日なのだ。

                  店内に入ると真っ先に目につくのは大きな大きな蓄音機。
                  お店の中にはぎっしり並ぶアンティークの置物たち。
                  ヨーロッパのどこかで時が止まっている喫茶店に
                  紛れ込んでしまったのだろうか?







                  ステージの真ん中に置かれたテーブルの上で
                  オルゴールの置物がゆっくりと回りながら音を奏で、迎えてくれる。



                  しばらくすると、オルゴールの音がぴたりと止まり、
                  ピアノの音が聴こえてきた。

                  ***************************************************************************

                  (バロンと世界一周楽団 - Around the World)
                  ***************************************************************************

                  今日はアコースティックなバロンと世界一周楽団。
                  心地良い音がヴィオロンの店内に響き渡る。


                  ***************************************************************************

                  「It Might as Well Be Spring
                  (春の如く)」
                  きくちまゆこのピアノ独奏。

                  春でもないのに、Spring Fever
                  (春の、高揚と鬱々な気分が入り混じる不安定な感じ)
                  なのかしら。

                  チャーミングでセンチメンタルなピアノの音色に
                  メンバーもお客さんも耳を傾けていた。

                  ***************************************************************************

                  蓄音機の出番がやってきた。
                  マスターお手製の竹針がレコードをなぞる。
                  電気を全く通さずに流れ響く やわらかく温かい音は、
                  レコードに吹き込まれた時代に連れていってくれる。

                  間にちょっとしたStorytellingが入る。



                  昔は蓄音機に頭を突っ込んで
                  録音をするという方法があったそうだ。

                  冒頭の画像の犬は、とてもかわいがってもらった飼い主が
                  この世を去ったため、飼い主の弟(画家フランシス・バラウド)に引き取られる。

                  ある日、蓄音機でかつて録音された飼い主の声を聞かせたところ、
                  懐かしそうに聴き入っていたそう。
                  それに心を打たれた弟であるフランシスは
                  早速筆をとってあの絵を描き上げたそうだ。

                  ***************************************************************************

                  今回は二回目の「喫茶で待ちあわせ」だった。
                  第一回目は中ムラサトコさん、バロンなかざわ、Jordonの3人だった。
                  私はひょんな事から、ヴィオロンに導かれ、
                  そして3人を初めて観ることになってしまったのである...。

                  人生の歯車って
                  どこでどう狂うのかわからないものだ...
                  いや狂っているのではなく
                  回り始めているはず...

                  いつか(万が一?)
                  バロンと世界一周楽団が有名になりすぎて、
                  ヴィオロンではお客さんが収まりきらなくなり、
                  「喫茶で待ちあわせ」しなくなってしまったら...

                  そのときはあの犬と同じように
                  ヴィオロンの蓄音機に耳を傾けて
                  彼らのことを思い出すことにしよう。





                  ----------------------------------------

                  補足:

                  阿佐ヶ谷・名曲喫茶ヴィオロンHPはこちら

                  「His Master's Voice」の犬、ニッパーについてはこちら

                  ◎YouTubeにこの日の映像をアップしています。是非合わせてご覧ください。
                   Shine
                   手紙を書こう
                   ウクレレパパさん

                  ◎アンケートにご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!
                   メンバーが全て目を通させていただきました。

                  担当はウェブ担当でした〜!いえい!

                  0

                    1

                    calendar

                    S M T W T F S
                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    2627282930  
                    << November 2017 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM

                    PR